陶器の魅力をご紹介!

陶器の魅力

割れた陶器をくっつける方法ってある?

割れた陶器をくっつける方法ってある? 割れてしまった陶器をくっつけるにはどのような方法があるかというと、陶器用の接着剤でくっつけていくという方法があります。
まず割れてしまった破片を集めます。集め終わったら、陶器用の接着剤やゴミやほこりを取り除く布、そして細かい破片をつまむピンセット、あとはみ出した接着剤を取り除く綿棒やつまようじを用意します。
道具が用意できたら早速作業を始めるのですが、始める前にまず陶器を乾燥させる必要があります。ぬれていたりすると接着剤が上手くくっつかない為です。乾燥させたら、接着させる部分の汚れを布などできれいに取り除きます。
次に、割れてしまったかけらを一つずつ接着剤で固定していきます。この時焦らずに一気にくっつけていくのではなく、一つのかけらを接着させたらそれが乾燥するまで待ってから次にかけらをくっつけていくと良いです。
接着剤がはみ出てしまったらつまようじや綿棒で取り除きます。足りないかけらなどがあった場合は、粘土なので補修して行きます。全てくっつける事が出来たら、乾燥するまで1~2日ほどかわかして完了です。

陶器の寿命はどれくらい?

陶器の寿命はどれくらい? 陶器の寿命は極めて長く、耐久性に優れる特徴を持っています。しかし、何らかの衝撃を与えて割ってしまえば、一瞬のうちに壊れてしまいます。
特に利用頻度が高い場合には、1年ほどで割れてしまうことも珍しくありません。陶器の強度は、諸刃の剣と呼べるような特徴を備えています。
純粋な陶器は土物と呼ばれるだけあって、磁器と比べると水を吸いやすい特徴があります。
このため、使用後に十分な手入れをせずに、水に漬けた状態にしておくと、表面を傷めてしまうことがあります。
この状態で割れることはありませんが、カビが発生することは十分に考えられます。素焼きの部分にカビが浸透すると、食器としての寿命を迎えることになります。
釉薬がしっかりとしている陶器であれば、一定の耐水性が保たれています。それでも、使用後には素早く乾燥させることは大事です。
このような基本の手入れを行うことで、通常よりも寿命を大幅に伸ばしながら、骨董品としての価値を高めることもできます。

新着情報

◎2018/4/2

陶器にお絵かきできるペン
の情報を更新しました。

◎2018/2/20

陶器を安全に運ぶコツ
の情報を更新しました。

◎2017/12/19

自分で陶器を作るメリット
の情報を更新しました。

◎2017/9/25

陶器の茶碗
の情報を更新しました。

◎2017/7/12

陶器の寿命
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

サイト公開しました

「陶器 プレゼント」
に関連するツイート
Twitter