陶器の魅力をご紹介!

陶器の魅力

陶器のコップの黄ばみを取る方法とは?

陶器のコップの黄ばみを取る方法とは? マグカップやティーカップなど、陶器のコップは、使いつづけていると、くすんだ黄ばみがつきがちですね。
毎日、何回も使うだけに、スッキリときれいになっていれば、気持がいいものです。洗剤で洗い流すだけでは、なかなかきれいにならないこともありますね。
漂白剤を使うのが一般的でしょう。しかし、匂いが気になることもありますね。
塩を使ってみるという方法があります。塩をスポンジにつけて、ゴシゴシこするときれいになることがあります。
それで落ちなければ、みかんなどの柑橘系の果物の皮に塩をつけてこすって洗うという手もあります。
それが通用しない頑固な黄ばみには、重曹を使ってみましょう。
濡らしたカップに重曹を振りかけてこするか、アクリルたわしでこする。
それでも、ダメなときには、陶器のコップをボールなどの器なかに置き、お湯をはって、重曹に入れます。勢いよく泡立ちます。
そのまま30分ほど放置 します。重曹は、温めるとアルカリ成分が強くなります。そのアルカリ成分が黄ばみを取り去ってくれるのです。
強いアルカリ成分で手を荒らさないよう、ゴム手袋を使用してください。

陶器のコップを黄ばませないための対策!

陶器のコップを黄ばませないための対策! 純粋な陶器は多孔質な質感で、水分を通しやすい性質があります。
そのため、黄ばませないためには水分を除去することが欠かせません。
使用後に水の中に浸すことは避けて、すぐに洗って自然乾燥させてください。できれば、直射日光が当たる窓際に置いて乾かすことが理想です。
洗うときには、キズを付けないようにすることも対策の一つです。毎回のように金属タワシで洗っていると、表面に付いたキズにシミが蓄積しやすくなります。
できる限りは柔らかいスポンジを使うようにして、細心の注意を払って扱えば多孔質な陶器であっても汚れに強くなる仕組みです。
陶器には、黄色味が極端に強い料理を盛り付けないのも対策になります。カレーを盛り付ける場合には、ウコンに由来する色素が付きやすくなりますし、紅茶や緑茶の場合には茶渋の影響も受けてしまいます。
内側の部分に釉薬が塗られていても、高台の部分だけは素焼きになっている作品も少なくないため、煮汁を外側に漏らさないようにして使うことも大切です。

新着情報

◎2018/4/2

陶器にお絵かきできるペン
の情報を更新しました。

◎2018/2/20

陶器を安全に運ぶコツ
の情報を更新しました。

◎2017/12/19

自分で陶器を作るメリット
の情報を更新しました。

◎2017/9/25

陶器の茶碗
の情報を更新しました。

◎2017/7/12

陶器の寿命
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

サイト公開しました

「陶器 コップ」
に関連するツイート
Twitter